冷たいものを食べた時に
起こる
キーンとする頭痛には
名前があった!
キーンとした頭痛がした時の
予防法
などについて
まとめてみた
スポンサーリンク
2019年02月25日
豆知識

 アイスクリームやかき氷など、冷たいものを急に食べた時に起こるキーンとした頭痛。

実はこの頭痛、アイスクリーム頭痛というちゃんとした医学的な名称があるということをご存知でしたでしょうか。

今回はそんなアイスクリーム頭痛についてお話したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイスクリーム頭痛は何故起こる??

 このアイスクリーム頭痛、起こる原因としては以下の2つの説が濃厚だとされています。

  1. 1.冷たいものを食べると急に喉や口の中が冷えてしまうため、人間の身体は一時的に血流量を増やして温めようし、その時に頭につながる血管が膨張することから頭痛が起きる。
  2. 2.冷たい物が喉を通過することにより、喉にある三叉神経が刺激され、この時に発生する伝達信号を脳が冷たさを痛みと勘違いすることにより頭痛が起きる。

アイスクリーム頭痛を予防するには??

 ちなみにこのアイスクリーム頭痛は、上の説にもあるように急に冷たいものを食べることで身体がその冷たさに影響を受けることで起きることがわかっています。

そのため、ゆっくり時間をかけて食べることでアイスクリーム頭痛を予防できます!

ゆっくり時間をかけて冷たいものを食べることで喉の急激な冷えを抑えることができたり、神経を刺激することを抑えることができるので、アイスクリーム頭痛を起こさず冷たいものを食べたい!という場合にはゆっくり食べることを心がけてみましょう!

まとめ

 以上がアイスクリーム頭痛についてのまとめでした!

この寒い時期ですが、寒い時だからこそ冷たいものが食べたくなる!なんてこともあるので、そんな時には今回紹介した予防法を試してみてはいかがでしょうか??

スポンサーリンク