スポンサーリンク

呪われたハリウッド映画と言われている『Atuk(アトゥック)』について調べてみた

2018年09月29日
映画

 皆さんはハリウッド映画の『Atuk(アトゥック)』という作品をご存じでしょうか。

ご存じでない方も多いのではないかと思うこの作品。

実は劇場公開されていない作品となっております。

では何故『Atuk』は公開されなかったのか?について触れると、この『Atuk』が呪われたハリウッド映画と言われている理由が判明していきます。

そこで今回は『Atuk』についてお話したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『Atuk』の原作について

 『Atuk』は、1963年にカナダの作家モルデカイ・リッチラー氏が出した小説『the Incomparable Atuk』という作品が原作となっています。

“Atuk”とはエスキモー系の民族の方々が使っているイヌイット語であり、“おじいちゃん”という意味で、『the Incomparable Atuk』は和訳すると『比類なきおじいちゃん』という意味だそうです。

小説の内容は、カナダの先住民であるイヌイットのおじいちゃんが、カナダ最大の都市・トロントに引っ越し、様々なギャップに面白おかしく対応していく…というものであり、不朽の名作として根強いファンがいる作品となっています。

映画化になったいきさつ

 そんな『the Incomparable Atuk』ですが、『アメリカ上陸作品』『屋根の上のバイオリン弾き』『オンリー・ユー』などの映画作品を生み出したノーマン・ジェイソン氏が映画権を買収し、1970年代の初めには映画『Atuk』の計画がスタートしました。

ちなみに映画化するにあたり、舞台をアメリカのニューヨークにし、主人公もアラスカのイヌイットのおじいさん・Atukに変更されました。

最初の犠牲者となったジョン・ベルーシ

 では、『Atuk』が呪われたハリウッド映画と言われるようになったいきさつについて話していきましょう。

まず最初の呪いは、超売れっ子コメディアンだったジョン・ベルーシ氏にふりかかります。

ジョン・ベルーシ氏はハリウッドの伝説の映画『ブルース・ブラザーズ』にて兄のジェイク役を演じていました。

『Atuk』の主人公・Atuk役のオファーを快諾したジョン・ベルーシ氏ですが、撮影開始という時に滞在していたハリウッドの超高級ホテル「シャトー・マーモント・ホテル・アンド・バンガローズ」にて危険薬物の過剰摂取により享年33歳にて急死してしまいます。。。

2人目の犠牲者となったサム・キニソン

 ジョン・ベルーシ氏の急死のあと、続いて主人公Atuk役のオファーがかかったのがコメディアンのサム・キニソン氏でした。

多くの映画やテレビ番組、ミュージックビデオにも出演していたコメディアンだったサム・キニソン氏ですが、彼も『Atuk』の撮影スタジオに向かう途中に交通事故に遭い、享年39歳で亡くなってしまいます。

3人目の犠牲者となったジョン・キャンディ

 主人公・Atuk役のオファーを受けた2人のコメディアンが続けて死亡したこともあり、映画『Atuk』の制作は一度中止されました。

しかし、映画権を買収して撮影まで進めたノーマン・ジェイソン氏は、どうしても映画『Atuk』を上映したいと思い、数年後に再び映画『Atuk』のプロジェクトは指導します。

Atuk役として3人目にオファーされたのは1人目の犠牲者となったジョン・ベルーシ氏も出演していた『ブルース・ブラザーズ』にて刑事役を演じたジョン・キャンディ氏でした。

『パラダイス・アーミン』『ホーム・アローン』といった大ヒット作品には必ずといっていいほど出演していたジョン・キャンディ氏はAtuk役を快諾します。

しかし、ジョン・キャンディ氏は1994年3月4日に突然の心臓発作により享年43歳で亡くなってしまいます…。

4人目の犠牲者となったクリス・ファーレイ

 ジョン・キャンディ氏の死により、再び映画『Atuk』のプロジェクトは凍結されました。

3人も主演オファーを受けた役者が亡くなったことで関係者が気味悪がり、撮影どころではなかったことと、主演のオファーを受けてくれる人も見つからなかったのです。

ですが、何故か映画『Atuk』は数年後にまたプロジェクトが始動します。

続いて主演オファーがかかったのはクリス・ファーレイ氏でした。

クリス・ファーレイ氏はジョン・ベルーシ氏も出演していた『サタデー・ナイト・ライブ』というお笑い番組にて一躍人気コメディアンの仲間入りを果たしたコメディアンでした。

しかクリス・ファーレイ氏もジョン・ベルーシ氏と同じく薬物の過剰摂取により享年33歳で急死してしまいます。。。

5人目の犠牲者となったフィル・ハートマン

 またも映画『Atuk』のプロジェクトは凍結されますが、またも数年後にプロジェクトは再始動します。

主演オファーを受けた5人目の人物はフィル・ハートマン氏。

『サタデー・ナイト・ライブ』にレギュラー出演していたり、ジブリ映画『魔女の宅急便』の英語版にてジジの吹き替えを担当していたフィル・ハートマン氏ですが、映画『Atuk』の主演オファーを一度は断ります。

しかしスカウトマンが何度も何度も頭を下げてオファーし、とうとうフィル・ハートマン氏はオファーを承諾するのです。

しかしフィル・ハートマン氏は妻で女優のブリン・ハートマン氏に銃撃で撃たれ享年49歳にて亡くなります…。

まとめ

 5人も主演オファーを受けた人物が亡くなるという悲劇が起こった映画『Atuk』は現在プロジェクトは凍結しています。

そしてこの『Atuk』ですが、脚本が現在紛失してしまっているそうなのです。

もし脚本が見つかった時には、またプロジェクトが再始動するのかと思うと、また犠牲者が出てしまうのではないか…と思うと、脚本は見つからず、そしてプロジェクトも再始動しないことを祈るばかりです…。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます
スポンサーリンク