『クレヨンしんちゃん』
にまつわる
都市伝説3つを
まとめてみた!
スポンサーリンク

 子供から大人まで人気な作品『クレヨンしんちゃん』ですが、このクレヨンしんちゃんにも都市伝説があります!

そこで今回は代表的な都市伝説3つについてまとめてみたのでお話したいとおもいます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

しんこちゃんの正体は未来のひまわり?

 2008年に放送された「謎のしんこちゃんだゾ」にて初登場したキャラクター・しんこちゃん

実はこのしんこちゃん、未来からきたひまわり…という都市伝説があります。

その理由としては以下が挙げられます。

特に3つ目の、しんのすけのことを「おにい…」と言いかけた…というのはしんこちゃんがひまわりという正体を物語っているようにみえますね!

しんのすけは事故で死んでいる?

 『クレヨンしんちゃん』の都市伝説で最も有名といっても過言ではないものとして、しんのすけが実はもう死んでいる…というのがあります。

ひまわりを庇って交通事故に遭い、死んでしまったしんのすけ。

その事実を受け入れられなかったみさえは、ショックのあまりクレヨンでしんのすけの活躍を描くようになり、それが『クレヨンしんちゃん』という作品になった…という都市伝説ですが、これはなかなか暗くて、あくまで都市伝説であってほしいですね。。。

しんのすけとひまわりには弟がいる

 3つ目の都市伝説は、しんのすけとひまわりには弟がいる…という話。

これは実は本当であり、マンガ誌「月刊まんがタウン」に、ひまわりが幼稚園児になった時の話が掲載されていたのですが、この回の時にみさえがしんのすけに似た赤ちゃんを抱いている…という描写があったそうです!

アニメでもこの弟が登場するのか、気になりますね(^^)

まとめ

 以上が代表的な、クレヨンしんちゃんにまつわる都市伝説でした!

しんこちゃんが登場するエピソードは、どこか暗めな雰囲気もあったりして、自分もどこかしんこちゃんに不気味さを感じていたり、しんこちゃんの言動などからしんこちゃん=未来のひまわりというのは納得できました!

長く人々に愛されているが故に様々な都市伝説が誕生する…というのもうなずけますね!

スポンサーリンク