最近巷で流行っている!?人気なナンバープレートの番号とは??
スポンサーリンク

 車のナンバープレートといえば、空きがあれば自分の希望な数字を設定できたりしますが、そんなナンバープレートで最近流行っている数字がある…なんて噂があるようです!

その数字とは、“358”だとか!

ナンバープレートを358にしたら車の燃費が良くなった…なんて噂もあるとか。

何故この358が流行っている…なんて噂が広まっているのか、書いていきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

悪魔の数字の反対説

 悪魔の数字といえば666が有名だと思いますが、その悪魔の数字の反対、聖なる数字が358という説があるそうです!

お釈迦様が悟りを開いた時の数字説

 お釈迦様が悟りを開いたのが、35歳8ヶ月の時…ということから、358が幸運の数字…という説もあるとか。

徳川大名において歴史上有名なことを行った大名の時の数字説

 徳川大名において、

3代将軍・家光
5代将軍・綱吉
8代将軍・吉宗

は日本史において必ずといっていいほど学ぶ内容ですよね。

3代将軍・家光参勤交代鎖国制度の確立を行った大名です。

5代将軍・綱吉生類憐みの令の制定を行った大名でもあります!

8代将軍・吉宗享保の改革の遂行行った大名として有名です。

このように歴史的に有名なことを行った時の大名の数字なため、運気が良くなる…という噂があるみたいです!

風水的に良いとされる数字説

 358という数字、1つずつ見ると風水的良い数字でもあったりします。

3:発展・金運の数字
5:帝王の数字・財運を高める数字
8:運を高め幸運を呼び込む数字

らしいので、それらを組み合わせた358が風水的にも良い…とされているんだとか!

西遊記の登場人物からとった説

 『西遊記』に出てきた登場人物の名前からとった説…もあるようです!

3は沙悟浄、5は悟空(孫悟空)、8は八戒(猪八戒)で、それらの数字を組み合わせてできた数字だから、幸運を招く…とか!

まとめ

 以上のように様々な説からナンバープレートに358で設定すると幸運を招く…なんて都市伝説があるそうです!

ちなみに、銀行や携帯電話の暗証番号を0358にすることでも運気が上がる…という話もあるらしいので、この数字を暗証番号にしてみるのもよいかもしれません(^-^)

スポンサーリンク