Apple Watch‎のwatchOS 4でアプリを強制終了させる方法とは?
スポンサーリンク
2018年01月20日
IT

 Apple Watch‎を使ってて、たまに起こるのが“アプリの不調”。

今まで普通に使えてたのに、突然アプリが不調になってしまいうんともすんともいわなくなることが時たまあります。

そんな時は、一旦アプリを強制終了させて再びアプリを起動させると本調子に戻ることがあります!

そこで今回はApple Watch‎のwatchOS 4にてアプリを強制終了させる方法についてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリを強制終了させる方法とは?

 Apple Watch‎において最新OSであるwatchOS 4にてアプリを強制終了させるには、まずアプリを起動した状態でApple Watch‎本体のサイドボタンを長押しします。
※ちなみにサイドボタンとは下の画像でいう青く囲ってあるボタンになります。

すると、下の画像のような画面になるかと思います。

この時に、デジタルクラウンを長押しすることでアプリを強制終了させることがどきます!

まとめ

 ほとんどの場合はアプリを強制終了させ、またアプリを立ち上げると改善されることが多いので、もしアプリの調子がおかしいな?と思った時には一度アプリを強制終了させてみるのも一つの手かもしれませんので、是非ともお試しください!

スポンサーリンク