知っておくべき!香水の正しいつけ方とは
スポンサーリンク
2018年01月07日
豆知識

 身だしなみの1つとして香水をつける、ってのがありますよね。
自分も外出する時には身だしなみとして香水をシュッシュッとつけて出かけることが多いのですが、香水って匂いが強すぎると逆に周りの人からはマイナスに思われてしまいがちです。

「この人香水くさいな…」
なんて思われた日にゃ周りから人が離れてったり…食事の場で香水がきつかったりしたら食欲をなくしかねませんしね。

ってことで、今回は香水の正しいつけ方についてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分でも香水の匂いがわかってしまったらアウト!

 まず、つけた香水が自分でもわかるぐらい匂いがあったらつけ過ぎと考えてよいでしょう。
ということは、周りの人からしたらあまりいいようには思われていない可能性が高い…ということになりますね(´・ω・`)

出かける30分前にはつけておくようにする

 香水はつけてから30分後ぐらいから香りがいい感じにでてきます。
ということは、出かける前もしくは人に会う30分前には香水をつけておく必要がある、ということですね。

出かける30分前には香水をつけておかないと周りの人から
「香水くさいな…」
なんて思われる可能性があるかもしれませんので、気を付けましょう。

香水は下半身につけておくとふんわりと匂ってくれる

 匂いというのは下から上へと香ってくるそうなので、香水は上半身につけるよりも下半身につけた方がいいとされています。

手首や首に香水をつけるのはアウト!

 首に香水をつけると相手の鼻から近いところに香水をつけることになるので、匂いがキツく感じてしまわれがちです。
また、手首に香水をつけると食事の席など手を使う場所などで香り過ぎてしまう可能性があるので、手首に香水をつけるのも良しとされません。

香水は擦ってしまうとダメ

 よく香水をつけると擦ってしまう人がいますが、香水は擦ってしまうと匂いの粒がつぶされてしまうので、匂いそのものが長続きしないようになってしまいますし、香水そのものの匂いじゃなくなってしまう可能性もあります。

なので、できる限り香水はつけたら擦らないよう心がけることが必要です。

香水はどこにつけるといいの?

 それでは実際に香水はどこにつけるといいのでしょうか。
香水をつけるべき場所を以下のようにまとめてみました。

1. ウエスト

 服を着る前にウエストの左右から30cmほど離して香水をワンプッシュしましょう。こうすることで服の間からほんのりさりげなく香水の匂いが香ってくれます。

2. 太ももの内側

 太ももの内側は体温が高い場所ですし、なおかつ下半身のため香水をつけた際には優しく香ってくれるとのこと。

3. 足首の内側

 足首の内側も香水をつける場所としてはオススメなところらしいです。
足首は汗をかきにくいため、香水と汗のにおいが混ざって嫌なにおいになることもないですし、太ももと同じく下半身のため優しく香ってくれるそうです。

4. 洋服や持ち物につける

 どうしても自分の汗と香水の匂いが混ざってしまうのが嫌だ…という方には、自分の洋服や持ち物に香水をつける…というのもオススメです。
こうすることで自分の汗と香水の匂いが混ざってしまうのを防げますし、ハンカチなどに香水をつけることでハンカチを使う際にふわっと香水の香りがしてくる…なんてことも期待できるそう。

まとめ

 以上が香水の間違ったつけ方&正しいつけ方になります!
結構世間の常識として知れ渡っている香水のつけ方が間違っているんだなぁ、ということを今回改めて知ることができました!

夏になるとどうしても汗をかいてにおいが気になってしまうので、香水の正しいつけ方を実践して汗の嫌なにおいともおさらばしましょう!

スポンサーリンク