スポンサーリンク

実践する時には注意が必要!ココアダイエットの効果についてご紹介!

2018年01月31日

 寒い今の時期、コンビニやカフェなどでほぼ売っているココア

たまに、ココアダイエットなるものがある…と聞いたことがあり、改めてネットで検索してみると実際にココアダイエットなるものがあるということはわかりました!

が、このココアダイエットには注意点がいくつかある…ということもわかったので、今回はそんなココアダイエットの効果と注意点について簡単にまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ココアダイエットの効果とは?

 まずココアダイエットに期待できるものとしては以下のものが挙げられます。

食欲を抑えてくれる

 ココアに含まれている不溶性食物繊維という成分。

この不溶性食物繊維は、胃の中に入ると水分を吸収して、何倍にも膨れ上がるという性質を持っています。

その結果、胃の中の水分で膨れ上がった不溶性食物繊維のおかげで胃が満たされ、食欲を抑えてくれる効果が期待できます!

水溶性食物繊維で脂肪の吸収を抑えてくれる

 ココアには不溶性食物繊維の他にも水溶性食物繊維という成分を豊富に含んでいます。

この水溶性食物繊維とは、摂取すると胃の中にある水分を吸収しゲル状になるという特徴があります。

そしてこのゲル状になった水溶性食物繊維は胃の中にある食物を包み込む特徴があり、水溶性食物繊維で包み込まれた食物は体内に吸収されにくくなります。

それはつまりは脂肪になりやすい脂質や糖質の吸収も抑えてくれることになるので、太りにくくなる…ということになるんですね(^^)

コレステロールを下げて代謝を良くしてくれる

 そしてココアにはカカオポリフェノールという成分が含まれています。

このカカオポリフェノールは血中のコレステロールを抑える働きを持っているので、コレステロールのせいで代謝が衰えるのを防ぐ役割がある…とのことです。

いろいろ期待できそうなココアダイエット!だけれども…

 このようにココアにはダイエットに効果がありそうな成分がいろいろと含まれていることがわかりました!

ちなみにココア自体のカロリーはスプーン大さじ1杯で約16キロカロリーと低いのですが、ここで注意しなければならない点があります。

それは、このココアを飲む際に牛乳や砂糖を入れてしまうと、その分カロリーが増えてしまって結果的には太りやすい飲み物になってしまう…ということ。

牛乳はコップ1杯あたり約134キロカロリーあるとされています。
つまりはココアに牛乳を混ぜると、それだけでココア1杯のカロリーが約150キロカロリーにもなってしまう…ということになります。

これだと、いざダイエットを期待してココアを飲もう!となっても元も子もないですよね…。

なので、もしココアを甘くして飲みたい、となった時には低脂肪牛乳を混ぜるようにしましょう。

低脂肪牛乳はコップ1杯あたり約94キロカロリーと普通の牛乳よりかは少ないので、いくらかマシになります。

もしくはカロリーがないオリゴ糖を混ぜて飲む…というのもオススメです!

まとめ

 以上がココアダイエットについてのまとめでした!

様々なダイエット効果が期待できるココアなので、飲み方を間違えなければ間食も抑えられて、なおかつココアを美味しく飲みながらダイエットが実践できそうですね(^-^)

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます
スポンサーリンク