都市伝説で有名な『きさらぎ駅』の正体は?きさらぎ駅の概要についてご紹介!
スポンサーリンク
2018年02月04日
都市伝説

 近年の都市伝説として有名?な『きさらぎ駅』。

きさらぎ駅とは本当に存在する駅なのか?そしてきさらぎ駅は他の駅と何が違うのか?などなど、きさらぎ駅についていろいろと解説していきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

きさらぎ駅の出どころは?

 そもそものきさらぎ駅の出どころは、2004年1月8日の夜に2ちゃんねるのオカルト板への書き込みが始まりでした。

はすみさんという人物が、きさらぎ駅という無人駅に降りてしまい、そこで起こった出来事が4時間に渡り2ちゃんねるのオカルト板にて実況されたのが、現在では都市伝説として語られている…という感じになっています。

『きさらぎ駅』の概要って?

 そんな『きさらぎ駅』の概要は以下のようになっています。

はすみさんが静岡県浜松市に実在する新浜松駅の23時40分発の電車に乗ったことが事の発端でした。

いつも通勤で使っている電車に乗っていたはすみさんですが、気付けば20分以上も乗っており、なおかつ周りの乗客が眠っているという状況に違和感を感じていました。

そんな中、電車が駅に停車し、先述の奇妙な感じから逃れるように電車から降りたはすみさんですが、その降りた駅がきさらぎ駅という聞きなれない駅だったのです。

駅の周囲に人はおらず、駅を出ても草原と山しかないという光景で、公衆電話やタクシーもなかったそうです。

かろうじて携帯電話は使えたので、警察に電話してみたもののいたずら電話と思われてしまいます。

しかも、遠くから太鼓を鳴らす音とそれに混じって鈴の鳴らす音も聞こえてくる始末。

いち早く帰りたいと思ったはすみさんは線路を辿って帰ろうと思いますが、後ろの方から片足がないおじさんに
「危ないから線路の上を歩いちゃダメだよ」
と呼び止められますが、そのおじさんを見たはすみさんは余計に怖がってしまい、おじさんの忠告に従わず線路に沿って歩を進めてしまいます。

そうこうしているうちに“伊佐貫”というトンネルまでたどり着いたはすみさんは、そのままトンネルを通り抜け、トンネルを抜けた先で近くの駅まで送ってあげるという人と出会い、近くの駅まで送ってもらうことになりました。

その人によると、ここは“比奈”という場所とのことで、車は山に向かって進みだします。

しかし、その人も次第に独り言を話すようになり、はすみさんは逃げようとしますが、携帯のバッテリーの関係で書き込みが途絶えてしまいました…。

『きさらぎ駅』の後日談

 以上が都市伝説『きさらぎ駅』の概要です。

が、このきさらぎ駅の出来事が2ちゃんねるで書かれてから7年後の2011年、はすみさん本人がきさらぎ駅から無事最寄りの駅に帰れたという書きこみがありました。

トンネルを抜けて車に乗せてもらったはすみさんですが、その人が独り言を話し始めたことで怖がっていたらどこからともなく男性がやってきて、その瞬間あたり一面が光に包まれたそうです。

気付くと運転手は消えており、はすみさんの元にやってきた男性ははすみさんに対して逃げるよう慌ただしく話し、はすみさんはその男性のいうことを聞いて光のある方に一目散に走っていきました。

そしてその光を走り抜けたら最寄り駅にいて、無事帰ってこれたそうです。

伊佐貫とは?

 人気のない駅、そして夜なのに遠くから聞こえてくる太鼓と鈴の音。そして片足のないおじさん…。
これだけでもちょっと異世界な感じがしてきますよね。

ちなみに伊佐貫とは“いざなぎ”と読むらしく、現生と死者の世界をつなぐ黄泉比良坂のことだったんじゃないか、という考察もされているようです。

きさらぎ駅は三途の川のようなところであり、はすみさんは伊佐貫というトンネルを抜けた=黄泉比良坂を通ったことにより死者の世界へ足を踏み入れてしまい、トンネルの向こうで出会った人は死者で、はすみさんを死者の世界へ送ろうとしていた、と…。

しかし、その先で出会った男性によって死者の世界に行かずに済んだはすみさんは光の先=現生に向かって走っていき、無事現生に帰ってこられた…と。

比奈はどこにある?

 ちなみにトンネルを抜けた先が比奈という場所だったとのことですが、この比奈とは静岡県富士市に実際にある地名です。

が、はすみさんが乗った新浜松駅から比奈駅までは電車で2時間近くかかるので、20分ほどしか電車に乗っていなかったというはすみさんの証言とは食い違ってきます。

はすみさんが新浜松駅で乗った電車が普通の電車ではなかったとして、ワープした…ともとれますが、果たして実際にトンネルを抜けた先が比奈だったのかも怪しいところではありますよね(・・;)

まとめ

 普段とは違う電車の雰囲気、そしてきさらぎ駅という実際には存在していない駅に降りたということから始まったこの話ですが、死者の世界への入口がきさらぎ駅だと思うとなかなか怖いですね。。。

電車に乗っていた人たちが眠っていたというのももしかしたら亡くなっていた…とか思うとそれも相まって怖く感じてしまいます(汗)

スポンサーリンク