スポンサーリンク

ダイエット中の時の空腹のお共に!焼き芋ダイエットがオススメな2つの理由と3つの摂取方法についてまとめてみた!

2018年02月17日
焼き芋

 ダイエット中とはいえやってくるのが“空腹”ですよね。

お腹が減っても気合いで乗り切る!という方もいるとは思いますが、いかんせん空腹に負けそうになってしまう方もいると思います。

そんな最中、ダイエット中は焼き芋を食べると良い!という話を聞いたので、今回はそんな焼き芋ダイエットについていろいろと調べてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも焼き芋のカロリーって?

 ダイエットにオススメということは、焼き芋ってカロリーが低いのかな?と思って調べてみると1本(300グラム)で約490キロカロリーもあるということがわかりました。

低いはおろか高カロリーやんけ!と思いましたが、いろいろと調べてみるとやはり焼き芋はダイエットにオススメできるものかもしれない!ということに気付きました。

サツマイモには糖の吸収をブロックしてくれる成分が含まれている

 まずサツマイモには、糖の吸収をブロックしてくれるクロロゲン酸という成分が含まれています。

このクロロゲン酸には抗酸化作用や糖吸収遅延、脂肪の蓄積を抑える効果があるとされており、焼き芋1本(300グラム)で約700mg含まれているそうです。

サツマイモには食物繊維も豊富に含まれている!

 また、サツマイモには食物繊維も多く含まれています。

食物繊維とは消化されにくい栄養素で、胃で消化されることなく腸まで到達し、腸の働きを活性化させてくれるので便秘の解消に繋がるとされています。

その他にも食物繊維には塩分やコレステロールを吸着させる性質があり、腸内を通っていく過程で塩分やコレステロールなどを回収して便と一緒に体外に排出してくれます!

そして体内に入った水溶性の食物繊維は水分を吸収するとその体積を大きく膨張させる特徴があるので、少量しか食べてなくても体内で膨らんで満腹感を得ることができます!

先ほども書いたように胃で消化されにくいのも合わせると、焼き芋は食べることで便秘の解消にもなり、なおかつ消化されにくく満腹感も得られるため空腹感を感じなくさせてくれるという特徴があるといえるでしょう(^^)

焼き芋ダイエットにオススメな3つの摂取方法とは?

 では実際に焼き芋ダイエットを始めるとしたら、以下の3つの方法がオススメです!

食前に焼き芋を食べる

 焼き芋を食前に食べることで満腹感を得られるので、本来の食事の量を減らす効果が期待できます!

また、サツマイモには脂肪を貯め込む原因となる血糖値の上昇も抑えてくれる効果があるので、食前に焼き芋を食べることで本来の食事を食べることによる血糖値の上昇を抑える効果も期待できます!

3食のうち1食を焼き芋にする

 続いてご紹介するのは、朝・昼・晩の3食のうち、1食を焼き芋にするという方法。

これは、焼き芋に置き換えることで摂取カロリーを抑え、なおかつ満腹感を得られるので腹持ちにも良い…ということからオススメできます。

おやつとして焼き芋を食べる

 最後にご紹介するのが、おやつとして焼き芋を食べるという方法です!

これは先ほどの2つの方法と比べて優しいものですが、例えばポテトチップスやポッキーなどといったお菓子だとどれだけ食べても満腹感が得にくいので、結果的にたくさん食べてしまい摂取カロリーが多くなってしまう…というのを防ぐために、お菓子の代わりに焼き芋1本を食べて摂取カロリーを抑えるという方法になります。

焼き芋1本って食べるだけでも、食べた!って感じになりますし、なおかつ食物繊維が入っていて満腹感も得られるので、まず最初はおやつを焼き芋にしてみる…というのがオススメかもしれません(^^)

まとめ

 以上が焼き芋ダイエットの概要でした!

焼き芋のカロリー自体は高めではありますが、サツマイモに含まれている成分に着目し、それを用いてダイエットに繋げる…というのはなかなかありな方法だと思いますので、是非とも一度お試しください(^-^)

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます
スポンサーリンク