スポンサーリンク

みかんダイエットで得られる3つの代表的な効果とは??

2018年02月18日
風邪予防-みかん

 冬といえば、コタツに入ってあったまりながらみかんを食べてテレビ見たりゲームしたり読書したり…なんてのが風物かなーとか思う今日この頃です。

子供の頃はそれこそみかんを1日に3~4つは食べながらゲームとかしてましたね…(^O^;)

そんなみかんですが、実はダイエットにオススメな食べ物というのをご存知でしたでしょうか??

そこで今回はみかんダイエットで得られる効果や、みかんダイエットのやり方などについてお話したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みかんで得られる効果とは??

 まず初めに、みかんで得られる代表的な3つの効果についてお話していきたいと思います。

コレステロールの吸収を抑えてくれる

 みかんの内皮(白いヒモみたいなやつ)にはペクチンと呼ばれる成分が含まれています。

このペクチンという成分は食物繊維の一種なので、コレステロールの吸収を抑えてくれる効果があります!

そのため、みかんダイエットを実践する際には内皮は剥かずにそのまま食べることを心がけましょう!

ちなみにスーパーやコンビニなどで売られている缶詰のみかんには内皮がないので、みかんダイエットにはオススメできません…。

善玉菌で便秘解消!

 また、このペクチンには腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やす効果もあるので、便秘解消によいともされています。

ダイエットを始めるにはまず体内にある悪い成分などを一回デトックスさせるのがよしとされているので、デトックス効果があるみかんを食べて腸内環境を整えるのはオススメできます!

糖質を燃焼!

 みかんにはクエン酸という成分も含まれています。

このクエン酸には糖質を分解して燃焼させてくれる効果があるので、ダイエットにオススメな成分になります。

クエン酸が含まれている果物にはレモングレープフルーツなどもありますが、それらと比べてみかんは食べやすいという点が挙げられます(^^)

未成熟のみかんはもっとダイエット効果が高い!

 以上がみかんダイエットで得られる代表的な効果でしたが、番外編としましては実は未成熟のみかん(=青いみかん)の方がダイエット効果が高いというお話をしておきたいと思います。

未成熟の青いみかんには、シネフリンという成分が含まれています。

このシネフリンはダイエット成分の一種で、脂肪を分解するリパーゼを活性化させる効果だけでなく、脂肪の燃焼率を高めてくれる効果もあるとされています!

ちなみにシネフリンは柑橘類の果物に含まれているのですが、未成熟のみかんは成熟したみかんよりすっぱかったりするので、絶対オススメできる!というものではありません…(^^;)

ただ、みかんでダイエットするんだ!と思われてる方がもしいらっしゃいましたら、この未成熟のみかんを食べてみるのもよいかもしれません…!

みかんダイエットの実践方法とは?

 ではみかんダイエットの実践方法についてお話していきます!

方法としては、食前に1つのみかんを食べるという方法になります。

食前に食べる…ということなので、1日に3個のみかんを食べるということになりますね!

理由としては、みかんは水と混ざると膨張するため、みかんを食べて体内の水分と混ぜることで膨張させ、お腹を膨れさせて満腹感を得ることにより、あまりご飯を食べれなくさせる…というものになります。

また、みかんに含まれているペクチンやクエン酸はコレステロールの吸収を抑えてくれたり、糖分を分解して燃焼してくれるので、食事に含まれるコレステロールや糖分の吸収を抑えるという意味でも食前にみかんを食べるのがよしとされています!

まとめ

 以上がみかんダイエットの概要でした!

みかんをダイエットに取り入れることで、無理な食事制限によるストレスなくダイエットができるかもしれない…と思うとなかなかいいようにも思えます(^^)

ただし、中ぐらいのサイズのみかん1個で約45キロカロリーあるので、くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね!

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます
スポンサーリンク