スポンサーリンク

雨の日でも大丈夫!室内でできるオススメな有酸素運動4選!

2018年01月10日

 ダイエットにいいとされているのが有酸素運動です。

有酸素運動といえばウォーキングやジョギング、水泳などがよくメディアで取り上げられますが、雨の日には外でウォーキングやジョギングなどできませんよね…。

そこで今回は室内でもできるオススメな有酸素運動を4つ紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもなんでダイエットに有酸素運動が良いの?

 人間は身体を動かす時に糖質と脂肪からエネルギーを得ます。

エネルギーが消費される流れとしては、まず体内にある糖質が使われ、その後脂肪が使われます

腹筋や腕立て伏せといった筋力トレーニングでは、短時間で筋肉を使うため主に糖質がエネルギーとして使われますが、軽い負荷で長時間運動することが多いウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、糖質が使われた後に脂肪がエネルギーとして使われるので、結果的に脂肪燃焼に繋がる…という訳です。

ちなみに以前は有酸素運動を20分以上続けることで脂肪がエネルギーとして使われ始める…とされていましたが、最近では7分以上運動したら脂肪がエネルギーとして使われ始める…という説が有力となっていますが、長時間有酸素運動をした方が多くの脂肪が燃焼されることに違いはないため、有酸素運動をするのであれば、なるべく長時間やった方がオススメではあります!

室内でできる有酸素運動とは??

 それでは室内でできるオススメな有酸素運動を以下に紹介していきたいと思います!

1. スクワット

 スクワットと聞くと筋トレ=無酸素運動…と思われがちですが、負荷を軽くして長い時間行うことで有酸素運動として脂肪燃焼に繋がります。

ちなみに脚の筋肉は全身のうち60~70%を占めるとされているので、足の筋肉を鍛える=身体の筋肉量を増えることになり、結果的には基礎代謝を上げることにもつながります。

基礎代謝が高いとそれだけ脂肪の燃焼量も増えるので、より効率的にダイエットに繋がる…という訳ですね。

ちなみに室内でできるオススメなスクワットのやり方としてはハーフスクワットがあります。

ハーフスクワットの方法は以下になります。

➀ 足を肩幅に開き、つま先は極端に外を向かないように立つ。
➁ 胸を張って背筋を伸ばし、目線は正面を向くようにする。
➂ 膝をゆっくりと曲げながら腰をおろし、膝が90度手前まで曲げれたら、ゆっくりを膝を伸ばして元に戻す。

上記の方法で10~30回×1~3セットを目標にしましょう!

2. 踏み台昇降

 室内でできる有酸素運動には踏み台昇降も挙げられます。

踏み台昇降のやり方としては、1段の段差の上って降りてを繰り返すだけという簡単なものになります。

ちなみに踏み台昇降は30分で約150kcal消費されるとされています。

3. シャドーボクシング

 シャドーボクシングも室内でできる有酸素運動としてはオススメできるものです。

このシャドーボクシング、3分間で約30kcalものカロリーが消費されるとされているので、短時間で効率的な運動を行うことができます。

ストレス発散にも繋がると思いますので、一度行ってみるのもよいかもしれません(^^)

4. エア縄跳び

 縄跳びは有酸素運動として有名ですが、室内でも縄跳びを持っているとイメージして行うエア縄跳びも効果があるとされています。

縄跳びは30分で約300kcalものエネルギーが消費されるといわれていますので、エアー縄跳びでも同じぐらいカロリーを消費するには、あくまでも縄跳びを持っている時と同じぐらいのスピードで行うとよいのではないかと思います!

まとめ

 室内でできる有酸素運動といっても様々なものがありますね!
室内であればテレビやDVDなどを観ながら行うこともできたりするので、もしかしたら外で有酸素運動をするより気軽に行えるかもしれませんね!

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます
スポンサーリンク