スポンサーリンク

東京・新宿にそびえ立つコクーンタワーが何故あのようなデザインになったのか??

2018年10月08日
コクーンタワー

 東京の新宿にひときわ目立つように建っているコクーンタワー

新宿駅からも直結で行くことができるこの建物ですが、そもそもどういった建物で、いつ頃できたのか、詳しくは知らなかったので今回改めて調べてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コクーンタワーの正式名称は?

 そもそもコクーンタワーの正式名称は、モード学園コクーンタワーというそうです。

“モード学園”と入っていることからもわかるように、学校法人日本教育財団(旧名称:学校法人モード学園)が建設した建物です。

いつ建設されたの??

 このコクーンタワーはいつ建設されたのでしょうか。

着工は2006年5月1日で、竣工が2008年10月15日とのことです。

コクーンタワーが建造されてからもう10年も経っている…と思うと、時が経つのは早いなぁ、と思います(^^;)

コクーンタワーに入居している施設は??

 ちなみにコクーンタワーには以下の施設が2018年現在入居しています。

  • 学校法人モード学園
    • 東京モード学園
    • HAL東京
    • 首都医校
  • ブックファースト 新宿店
  • セブンイレブン
  • タリーズコーヒー

なぜコクーンタワーと名付けられたのか??

 では、なぜコクーンタワーと名付けられたのでしょうか。

その理由としては、“創造する若者を包み込み、触発させる”という意味を込めイメージしてコクーン(繭)のような外観にしたので、名前にもコクーンを使ったようです!

まとめ

 新宿の新しいシンボル?として存在しているコクーンタワーが学校法人モード学園が建造したもの…というのは今回初めて知りました!

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます
スポンサーリンク