豚の形をした貯金箱が
あるのは何故?
豚の貯金箱が誕生した理由
について調べてみた!
スポンサーリンク
2018年12月08日
豆知識

 貯金箱といえば、現在では様々な形のものが売られていますが、昔から売られているものの1つにの形をした貯金箱が挙げられると思います。

自分も子供の頃からあった豚の貯金箱。

では何故、豚の貯金箱は昔からあったのか?

今回はそんな豚の貯金箱が誕生した理由について調べてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

幸運の象徴で縁起が良いとされているため

 豚は一度の出産で10匹ほどの子豚を産むとされています。

そのため、昔から中国やヨーロッパでは“数が増える”縁起物とされているそうです。

また、昔から豚は“福を招く”“お金が貯まる”象徴ともされているため、貯金箱のモデルになったそうです!

世界で最初に作られた動物の貯金箱が豚だった

 また、14世紀ごろに最初に作られた動物の貯金箱が豚だった、というのも豚の貯金箱が多い理由だとか!

職人の勘違いで偶然に広まってしまった

 昔ヨーロッパには、Pygg(ピッグ)と呼ばれる良質な土でつくられた陶器がありました。

そんな中、あるイギリスの職人がお客さんから「ピッグ(陶器)の貯金箱を作ってください」という依頼を受けた際に、その職人はPig(ピッグ=豚)の貯金箱を作るよう依頼されたと勘違いし、豚の貯金箱を作ったそうです。

その時、貯金箱作成の依頼をしたお客さんは怒らず、その豚の貯金箱を気に入ったため、そこから豚の貯金箱が広まったそうです!

有用性のシンボルのため

 また、豚は肉だけでなく、皮・骨・血まで使えて捨てる部分が無いことから“有用性のシンボル”としてドイツやスイスでは有名だったことから、豚の貯金箱が作られるようになったそうです!

まとめ

 以上が豚の貯金箱が誕生した理由でした!

職人さんの勘違いで豚の貯金箱が作られた、という話が個人的には面白くて好きです(^-^)

スポンサーリンク