巷で噂されているドラえもんの
幻の回『行かなきゃ』
とは
どういう内容
なのか
調べてみた!
photo by Kentaro Ohno
スポンサーリンク

 現在でも多くの人に愛されている『ドラえもん』ですが、そんなドラえもんに『行かなきゃ』という幻の回がある…という都市伝説を皆さんはご存じでしょうか?

今回は『行かなきゃ』という幻の回にまつわる都市伝説についてお話したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『行かなきゃ』のあらすじ

 『行かなきゃ』は1996年9月23日の深夜に放送されたと言われている回です。

内容としましては、真っ暗な画面から始まり、のび太が何も話さずずっと歩いているシーンが10分ほど流れ、最後にのび太が
「行かなきゃ」
と言って放送が終わる…というもの。

また、人によってはドラえもんが
「もう行っちゃうんだね」
と言ったあとにのび太が
「行かなきゃ」
と言って終わる…という人もいるようです。

『行かなきゃ』は何故このような内容になったのか?

 あらすじだけ見ると、何故こういう内容になったのか…と恐怖を感じてしまいますが、放送されたとされる1996年9月23日は作者である藤子・F・不二雄さんが亡くなった日なんだそうです。

ということは、のび太=藤子・F・不二雄さんとして描き、ドラえもんを見ていた人たちへの最後のお別れとしてこの回は放送された…ということが推測できます。

まとめ

 以上がドラえもんの幻の回『行かなきゃ』に関する都市伝説でした。

しかし、この『行かなきゃ』は先ほども書いたよう『ドラえもん』のレギュラー放送がされている時間帯ではなく、深夜に放送され、なおかつ新聞のテレビ欄には放送スケジュールも掲載されていませんでした

そして、追悼番組として作ったとしても、藤子・F・不二雄さんが亡くなられた日の深夜にすぐ放送できるのか?という謎も出てきます。

果たして本当に放送された回なのか、謎は深まるばかりです…。

まさしく、信じるか信じないかはあなた次第!な都市伝説ですね!

スポンサーリンク