トーマス・エジソンが唱えた
『1日3食』には裏があった!?
その都市伝説について
調べてみた
スポンサーリンク

 現代では1日3食が当たり前となっていますが、実はこの文化が根付いてからは200年ぐらいしか経っていない…ということをご存知でしょうか。

そしてこの1日3食にはかの有名な発明王・トーマス・エジソンが関与していた、という都市伝説があるのです。

今回はそんな1日3食とトーマス・エジソンの関係についてお話したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エジソンは朝食をとると良い!と話していた

 今から200年ほど前、発明王として知られていたエジソンはトースターを開発しました。

そして様々な発明をしていたエジソンにインタビュアーが
「あなたのように頭が良くなるにはどうすればいいですか?」
と聞いてきた時、エジソンは
「1日3食とることだ」
と答えたそうです。

当時の西洋では、昼食・夕食の1日2食が主流でしたが、エジソンは1日3食、つまりは朝食をとると良い、と話すことで自分が発明したトースターを人々に買ってもらおうとしたのです。

エジソンは電力会社も経営していた?

 また、当時エジソンは電力会社も経営しており、トースターを買ってもらい、トースターを使ってもらうことで自社の電力会社の報酬も得ようとした…という話もあるそうです!

まとめ

 今では当たり前になってる1日3食が、実はエジソンが発端で世界中に広まった…と考えると、エジソンの影響力はスゴかったんだな、と思いました!

スポンサーリンク